第2次報告書 - ネットワーク医療と人権 | ネットワーク医療と人権

第2次報告書

輸入血液製剤によるHIV問題調査研究
-第2次報告書-

はじめに (養老 孟司)

<目次>

第2次報告書発刊にあたって

医療における安全について (村上 陽一郎)

第一部 論文編

第1章 第一次報告書の再検討と社会学的分析のめざすもの (山田 富秋)
第2章 血友病治療の黎明期-ある医師の語りから- (栗岡 幹英)
第3章 包括医療の意義を語る-ある医師の語りから- (好井 裕明)
第4章 医師は何をどう語ったか-M医師の語りを中心として- (蘭 由岐子)
第5章 非加熱製剤の投与継続へと方向づけた医師の「経験・体験の世界」 (種田 博之)

第二部 資料編

第6章 「輸入血液製剤によるHIV感染」に関わった人々の役割 (若生 治友)
第7章 社会問題としての「薬害エイズ」 (太田 裕治)
第8章 血友病医療の背景と患者会の経過 (太田 裕治)
第9章 薬害被害者の薬害根絶運動~我活動家たるや~ (花井 十伍)

第三部 データ編

第10章 血友病文献リスト

あとがき