平成18年3月 報告書 - ネットワーク医療と人権 | ネットワーク医療と人権

平成18年3月 報告書

輸入血液製剤によるHIV感染被害問題の社会学的研究
-医師への聞き取り調査を中心に-

はしがき

目次

第1章 研究の経過と概要 (栗岡 幹英)

第2章 血液凝固因子製剤によるHIV感染がもたらした血友病治療医コミュニティの変容
     -「箱根ワークショップ報告書」にかいま見る治療医の心情- (横田 恵子)

第3章 家庭療法における医師と患者の位置づけ -血友病のサマーキャンプの意味づけをめぐって- (山田 富秋)

第4章 感染被害者の連帯の模索 (西田 芳正)

第5章 血友病治療感の社会的構成 (種田 博之)

文献目録

調査研究委委員名簿・研究分担者名簿

【収載】

輸入血液製剤によるHIV感染問題調査研究 -第2次報告書 2005年3月刊

輸入血液製剤によるHIV感染問題調査研究 -第1次報告書 2003年6月刊