第1次報告書 - ネットワーク医療と人権 | ネットワーク医療と人権

第1次報告書

HIV薬害-問題の所在と調査の課題
(輸入製剤によるHIV感染問題調査研究 第1次報告書)

まえがき

<目次>

そもそものはじまり (養老 孟司)
医療の安全を巡って (村上 陽一郎)

第一部 この調査は何をめざすか

(1)調査の目的・経過と方法

第1章  調査の意図と経過 (栗岡 幹英)
第2章  薬害エイズという「経験」-未来につなぐために (横田 恵子)
第3章  聞き取りの方法論-相互行為としての聞き取り (蘭 由岐子)
第4章  非加熱高濃縮製剤によるHIV感染被害研究の方法論について (樫村 志郎)

(2)薬害HIV事件における相互作用の解明へ

第5章  相互行為としての告知へ (好井 裕明)
第6章  血友病治療における家族主義あるいはパターナリズムについて (山田 富秋)
第7章  自責と孤立-被害者調査のための覚書 (西田 芳正)

(3)医療の論理とはどういうものか

第8章  比較衡量という言い分 (種田 博之)
第9章 「血友病治療」確立期に見る医療モデルと健常者中心主義-薬害エイズ事件が問いかけるもの-
      (要田 洋江)
第10章 家庭療法公認までの血友病治療と1966-82年の医師・患者 (樫村 志郎)
第11章 医師はHIV感染にどう対処したか (栗岡 幹英)

(4)聞き取り以外の方法による関連研究

第12章 【補論】雑誌記事見出しで見るエイズ認識 (種田 博之)

第二部 資料編

第13章 血友病治療の歴史と患者をめぐる諸問題 (若生 治友)
第14章 「薬害エイズ」と血友病を巡る医療現場調査への期待と不安 (太田 裕治)
第15章 薬害エイズ発生原因調査への視線 (花井 十伍)

第三部 データ編

薬害HIV年表
薬害HIV文献一覧
調査研究委員会名簿・研究分担者名簿