第20回薬害根絶フォーラム 参加報告-1 | ネットワーク医療と人権 (MERS)

Newsletter
ニュースレター

第20回薬害根絶フォーラム 参加報告-1

第20 回薬害根絶フォーラム報告
第2 部 徹底討論
「薬の承認制度を知ろう
-薬機法改正の問題点と課題-」概要報告

特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 事務局 景山 千愛

開催概要

日時:2018 年10 月20 日(土)13:30 - 17:00
場所:東京医科歯科大学 湯島キャンパス
主催:全国薬害被害者団体連絡協議会
内容:
1)  徹底討論にいたる経緯・目的、医薬品行政についての概要など
司会:花井 十伍-薬被連代表世話人
2)  ディスカッション
増山 ゆかり-公益財団法人いしずえ(サリドマイド福祉センター)
泉 祐子  -薬害肝炎全国原告団
高町 晃司 - NPO 法人京都スモンの会

画像を拡大する

はじめに

 全国薬害被害者団体連絡協議会(以下、薬被連)は、1999 年10 月22 日に結成され、翌10 月23 日には、第1 回薬害根絶フォーラムが開催されました。薬害根絶フォーラムでは、毎回第1 部に「薬害被害の実態報告」がなされ、第2 部では、その時々のトピックスを取り上げたディスカッションを行っています。
 今回の薬害根絶フォーラム第2 部では、「薬の承認制度を知ろう—薬機法改正の問題点と課題—」というテーマで議論がなされました。簡単ですが、概要を報告します。
 最初に司会(薬被連代表世話人:花井十伍氏)から、薬機法改正に関する経緯・目的、医薬品行政、承認のプロセス等々について前説がなされ、その後、薬機法改正の問題点と課題について、各パネラーとディスカッションが行われました。

第2 部「薬の承認制度を知ろう-薬機法改正の問題点と課題」

司会(薬被連代表世話人:花井十伍氏)

薬事法から薬機法へ

 平成26(2014)年11 月25 日付けで、薬事法が改正されて、名称が「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」(以下、薬機法)になりました。
 薬機法の附則では施行後5 年をめどに見直しを行うと規定されています。2019 年は施行から5 年が経過するため、今年4 月に薬機法改正に向けた議論が始まりました。

薬機法改正の議論の方向性と徹底討論の目的

 1990 年代から2000 年代にかけて、海外の承認薬が日本では承認までに時間がかかるというドラッグ・ラグという問題がありました。最初は、「未承認薬を早期に承認してしまうと健康被害が起きてしまうのではないか」、そのためには「十分な審査が必要」(=ドラッグ・ラグはやむなし)という薬害再発防止の観点からの声が大きかったのですが、その後、「ドラッグ・ラグを解消し、必要な患者さんに医薬品を届けるべき」という早期承認を目指すような気運になっています。
 このような「医薬品は早く承認する方がいい」という流れの中で、2019 年薬機法が改正されることになっているため、第2 部では、医薬品の早期承認の問題と承認制度がどのように行われるのがいいのか」という討論を取り上げることにしました。

 

きを読む

続きは賛助会員のみ閲覧可能です。

賛助会員の申し込みは こちら