MERS ニュースレター No.4(2002年8月) | ネットワーク医療と人権 (MERS)

Newsletter
ニュースレター

MERS ニュースレター No.4(2002年8月)


MERS ニュースレターの購読を希望の方は賛助会員登録をお願いします。

MERS ニュースレター No.4は、発行より5年が経過していますので、どなたでも最後まで閲覧可能です。

無断複写・転載を禁じます。

MERS ニュースレター No.4 巻頭言

    特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 理事長  若生 治友

MERS「NPO設立記念イベント」開催報告

日時:2002年3月16日(土)13:30~17:00
場所:ドーンセンター(大阪府立女性総合センター)5階「特別会議室」
主催:特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権
共催:大阪HIV訴訟を支える会(ビヨンド)

「薬害エイズ」ミドリ十字事件控訴審判決を傍聴して

    特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 事務局長  太田 裕治

寄稿 血液行政の改革にむけて ~新血液法成立~

    大阪HIV薬害訴訟原告団 代表  花井 十伍

 

表紙のことば

ジャンヌ・ダルク(部分) ダンテ ゲイブリエル ロセッティ

 ロセッティの作品は、平坦な画面に女性の上半身を描いたものが多い。自殺した妻の墓から自らの詩作ノートを掘り出した画家、詩人ロセッティは、ラファエル前派の中心人物であった。剣を振りかざし宙を凝視するジャンヌ・ダルクの姿にファム・ファタル幻想が定着する。