企画展「薬害を語り継ぐ」-開催の意義 | ネットワーク医療と人権 (MERS)

Newsletter
ニュースレター

企画展「薬害を語り継ぐ」-開催の意義

<筆者>
花井 十伍

全国薬害被害者団体連絡協議会 代表世話人
特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 理事


 「薬被連」とは

 全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連)は、京都スモン基金が開催する「薬害根絶フォーラム」に、複数の被害者団体が参加したことをきっかけとして、1999年に結成された。整腸剤キノホルム剤による薬害、スモンの被害者は、薬害根絶実現を目指した活動を継続していた。薬被連は、いわば彼らの情熱に後押しされる形、ずばりそのミッションを「薬害根絶」に特化した連絡協議会として成立した。

 薬害被害当事者の視点

 薬被連結成時に重要視したことのひとつは、薬害被害者当事者のみが参集する連絡協議会にしようという点である。言うまでもなく、薬害事件の多くは訴訟に発展し、その解決には弁護士や支援者を始めとするさまざまな人たちとの連携が必要である。しかし一方で、被害当事者の視点にこだわることも大変重要な事であることが各被害者団体間において共有されていた。

 今回「企画展 薬害を語り継ぐ~スモン・サリドマイド・薬害ヤコブ~」の企画をすすめるにあたっては、この当事者の視点を特に重視すべく各々の被害者団体が議論をすすめたが、やはりと言うべきか、当然と言うべきか、さまざまな意見があった。そもそも、身も蓋も無い話になるが、当事者は「薬害」という社会問題領域の中にあり、薬害被害当事者の視点は、その出発点において当事者の視点と言う名の外部から客体視される視点であるとともに、この「薬害」という社会問題領域を能動的に提出しているのも当事者に他ならないという、やや込み入った事情が存在するのである。結果として、私たちが当事者として見せたいと考えるものは、社会的な意味の部分と個人史的な部分とを行き来する中に見いだすことになるし、当事者は、社会的⇔個人的のどちら側にも完全に固定されることなく、いわば宙づりの状態で社会的⇔個人的領域間に流動的に点在することになる。このことは至極当然のことではあるが、当事者の視点で「薬害」を語り出すときに(つまり今回のような企画展示を構想するときに)当事者各々の心持ちとして問題になる。当事者は、この流動性の中で、一時的にさまざまな文脈に投錨してはまた、流動するという居心地の中で日々活動を続けてきたのである。当事者による「薬害根絶」へ向けての、具体的課題解決を試みる活動においては、捨象されている先の当事者の内実は、企画展示においては、より被害当事者の内省的振幅による広がりを巻き込んだものになることが、期待されるとともに、構想においても含意されていたはずだ。

 

 

大阪人権博物館(リバティおおさか)

 

続きを読む

賛助会員の申し込みは こちら