企画展「薬害を語り継ぐ」-関連イベント報告 | ネットワーク医療と人権 (MERS)

Newsletter
ニュースレター

企画展「薬害を語り継ぐ」-関連イベント報告

(文責:特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 事務局 清瀬 孝介)

 10/17 「ミニシアター&トーク:スモン」

    上野和美氏(奥は岩崎孝祥さんのキルト)

 企画展「薬害を語り継ぐ」は、企画展示と並行して、期間中の毎週土曜日に各薬害被害者団体の持ち回りで、ミニシアター&トークイベントが行われました。企画展初日の10月17日はスモン編。スモン訴訟を追った長編記録映画「人間の権利-スモンの場合」の上映に続いて、被害者の方のお話がありました。

 長編記録映画「人間の権利-スモンの場合」は1979年に製作され、被害発生から全面解決までのいきさつを追ったドキュメンタリーです。映像には、薬事二法の成立とスモン訴訟の全面解決を目指した被害者たちの闘いだけでなく、その激烈な身体症状に苦しむ被害者たちの姿も映し出されていました。彼らの鬼気迫る表情や発する言葉は、闘いの熾烈さを物語るに十分なものでした。

 次に、スモンからは離れ、企画展初日に合わせリバティおおさかを訪れていた薬害エイズ被害者遺族の上野和美氏があいさつに立たれました。上野氏は息子の岩崎孝祥さんを19歳で亡くされています。上野氏は「スモンの映画を見て、自分の闘いのことを思い出した。薬害の根絶を強く強く願う」と話されました。

 続いて、スモン被害者の方のお話がありました。矢倉七美子氏は「海外では劇薬指定されていたキノホルムを承認した国の責任は重い」と指摘し、「今後は薬に騙されないようなシステム作りが必要」と提唱しました。高町晃司氏は、被害者の現状について「国や製薬企業の協力が足りない」と指摘し、お二人ともに「二度と薬害を起こさないという気持ちを原動力に、今後も残された被害者のためにがんばる」と決意表明されました。

(左写真:矢倉七美子氏、右写真:高町晃司氏)

 

続きを読む

賛助会員の申し込みは こちら