選別される生命(いのち)-講演:大西赤人氏 | ネットワーク医療と人権 (MERS)

Newsletter
ニュースレター

選別される生命(いのち)-講演:大西赤人氏

 「あるがままがいい」という感覚

            大西赤人氏

 皆さん、こんにちは。私はアシュリー事件については、正直なところ、児玉さんの本を読むまで全く知りませんでした。児玉さんの本を読んで、こういう出来事がすでに現実に起きていたことについて、やはり非常に驚きを感じました。これが、親や医療者のエゴで行われたというのであれば、「良い・悪い」の問題とは別に、流れとしては「まぁ、そういうことを考える人もいるだろうね。困ったもんだね」という話になるのかもしれません。しかし、このケースでは、親は結構本気で「これが子どものためになる」と思っています。「確信犯」という言葉は「間違った使い方をされている」とよく話題になりますが、そういう意味で言うと、本当の意味での「確信犯」、つまり「私は娘のために考えているし、これは娘のためになることなんだ」と信じていたところが非常に驚きでした。

 「育たないようにする」というテクニックは、お父さんが考案したと思われるわけですけれども、その内容を聞いた時には、いろいろなことを感じました。高野文子という漫画家のデビュー短編集「絶対安全剃刀」の中に、「田辺のつる」というショッキングな作品があります。おかっぱ頭の可愛い女の子が登場して、何ということのない日常がずっと描かれていきます。そして、いちばん最後の場面で、その可愛い女の子が、実は老女、当時はまだ使われていなかった言葉だと思いますが、今で言う認知症が非常に進んでいるおばあさんだったことが分かります。おばあさんを女の子として描くことによって、そのおばあさんの心象では、自分が可愛い4、5歳の女の子の意識になっていることを表現しているという作りの漫画で、当時非常に話題になったことを思い出しました。

 それからもう一つ、今調べてみてもどうしても見つからないのですが、誰かの作品でこういうものがありました。やはり、いわゆる呆けてしまった老人の世話をする人の話です。老人の世話は、非常に大変です。体も大きいし、わがままだし、この人が昔は自分の親だったと思うと、憎たらしくも感じる。でも、年を取ってしまった自分の親を殺すわけにはいかないから、親の脳を猫に移植します。すると、その猫はすごく可愛いので、憎たらしく思わずに面倒を見てあげられるという話です。そういった小説を昔、読んだ記憶があります。もちろん、これらはフィクションですが、アシュリー事件は実際に行われたことです。

 日本といわゆる西欧先進国とを比べた時に、当然いろいろな違いがあるし、進歩の度合いも違うと思うのですが、このアシュリー事件のような考え方は、おそらく日本ではなかなか出てこないのではないかと思います。先ほど、児玉さんのお話の中に、アシュリー事件への擁護ないし称賛の声が非常に多かったという話がありました。もし、日本でこれが行われたとしたら、批判の方が非常に強いのではないか、「考えられない」という反応の方が、きっと大きいのではないかと思います。ただし、これは、アメリカをはじめとする西欧諸国よりも、日本の方が倫理的、あるいは精神的に進んでいるということを意味しているわけでは必ずしもないと思うのです。

 つまり、日本には「身体髪膚(しんたいはっぷ)、これを父母に受く。敢(あ)えて毀傷(きしょう)せざるは、孝の始めなり」という昔の言葉があります。「身体髪膚」とは、「身体」と「髪」と、皮膚の「膚」です。「敢えて毀傷せざるは」の「毀」は名誉毀損の「毀」で、「傷」はキズなので、要するに「自分の身体、五体は両親からもらったものだから、これを怪我させたり傷つけたりしないようにすることが親孝行だ」というような意味です。

 今は一般的ではないかもしれませんが、このような「親からもらったものは、そのままに守っていこう」という感じが、日本の自然の生命観のようなところがあります。その延長線上で言うと、例えば「整形する」ということへの一種の嫌悪感や、あるいは赤ちゃんを生む時の「できる限り自然に生みたい」という希望、例えば帝王切開というと、非常に心理的な抵抗感が本人にもあったり、周りにも「えっ、帝王切開したんですか?」というような、「自然分娩じゃないの?」という受け取り方をする部分もあるような気がします。そういう「あるがままがいい」という感覚が、日本には良くも悪くも存在するので、その裏返しとして、こういうアシュリー事件のような出来事は起こりにくいのではないかという気がしました。

 

続きを読む

続きは賛助会員のみ閲覧可能です。

賛助会員の申し込みは こちら