第15回 薬害根絶フォーラム 参加報告 | ネットワーク医療と人権 (MERS)

Newsletter
ニュースレター

第15回 薬害根絶フォーラム 参加報告

(文責:特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 理事長 若生 治友)

第15回 薬害根絶フォーラム
「薬」が人を不幸にする理由がそこにあります。
<開催概要>
日時:2013年10月26日 13:00~17:00
場所:慶應義塾大学薬学部(芝共立キャンパス1号館)マルチメディア講堂
参加者:約130名
主催:全国薬害被害者団体連絡協議会(以下、薬被連)
<プログラム>
【第1部 薬害被害の実態報告】
【第2部 徹底討論「薬害と経済」~薬をめぐる、経済優先が招くもの】
パネリスト:
 HIV-花井十伍氏(ファシリテータ)、サリドマイド-増山ゆかり氏、陣痛促進剤-出元明美氏、
 MMR-栗原敦氏、イレッサ-近澤昭雄氏
本フォーラムのチラシは こちら

 はじめに

 15回目となる薬害根絶フォーラム、毎回、第1部で各薬害団体からの被害実態報告が行なわれ、第2部以降では、その時々のテーマに基づいた徹底討論の場が設けられている。
 今回の徹底討論のテーマは『「薬害と経済」~薬をめぐる、経済優先が招くもの』であった。過去の討論テーマを振り返って考えると、初めて市場経済的な視点が取り上げられたといえる。
 本報告は、第2部の内容についての概要である。以下の表は、過去の徹底討論のテーマの一覧である(出典:薬被連のHPから抜粋)。

 

続きを読む

続きは賛助会員のみ閲覧可能です。

賛助会員の申し込みは こちら