MERS ニュースレター No.3(2002年5月) | ネットワーク医療と人権 (MERS)

Newsletter
ニュースレター

MERS ニュースレター No.3(2002年5月)


MERS ニュースレターの購読を希望の方は賛助会員登録をお願いします。

MERS ニュースレター No.3は、発行より5年が経過していますので、どなたでも最後まで閲覧可能です。

無断複写・転載を禁じます。

MERS ニュースレター No.3 巻頭言

    特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 理事長  若生 治友

MERSイベント第3弾 開催報告

医療シンポジウム「弁護士が再現するあの裁判」

日時:2001年12月19日 17:00~
開催場所:立命館大学 衣笠キャンパス  恒心館 703号教室
主催:特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権
協力:立命館大学  学生有志

薬害エイズ裁判和解6周年記念集会 参加報告

    特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 理事長  若生 治友

寄稿 血液新法の制定にむけて

    大阪HIV薬害訴訟原告団 代表  花井 十伍

 

表紙のことば

地獄の門 ウィリアム  ブレイク

 「この門に入りたる汝ら一切の望みを捨てよ。」ベルギウスの亡霊に導かれ、地獄の門の前までやってきたダンテは、門の上に刻まれた文字にしりごみする、神曲の有名な情景である。地獄を抜け至福に至らんとするダンテの旅は、敬虔過ぎるがゆえ異端のキリスト教徒である、幻視者ブレイクの確信と共鳴する。